ダウン症の親の会とは

この記事は2分で読めます

ae63516a82fe71b7f6ca7fd5325fe7fa_m

こんにちは、おとパパです。

きょうは、ダウン症の親の会について書いていきます。

 

ダウン症児と生活をしていると

健常児を育てているのとは

少し違う悩みが出てきます。

 

例えば、ダウン症児が乳児の頃には

「あまりミルクを飲んでくれない」とか

「首がなかなか座らない」などの

悩みが出てきます。

 

この悩みを相談しようとしても、

周りの健常児の親御さんと共感するのは

難しいと思います。

 

また、周りにダウン症の子を持つ

親御さんを探そうにも

ダウン症児が生まれてくる確率は約1000人に1人

なので、なかなか見つけることはできません。

 

同年代のダウン症の子を持つ仲間や

少し大きいダウン症の子を育てている先輩と

話や相談をしたい場合には、

「親の会」への参加をオススメします。

 

スポンサードリンク

 

親の会とは

親の会とは、

ダウン症の子を持つ親の有志によって

作られた組織で、

おおよそ市または県に1つ程度存在しています。

 

活動内容は「親の会」ごとに異なるとは思いますが、

僕たちが参加している「親の会」では、

1ヶ月に1回程度、未就学児のダウン症の子と親が

集まる交流会があります。

 

その交流会では、

同年代の仲間がたくさん参加していますので、

普段は周りに相談することが難しいことが

ここでは相談、共感することができます。

 

 

また、親の会を運営してくださっている先輩方も

参加されているので、

小学校や、中学校でのダウン症児の生活の様子や、

 

小学校の選択はどうしたのかなど

乳幼児のダウン症児にとって、

少し未来のことを相談することができます。

 

(小学校を選択するときの考え方については

こちら↓の記事をご覧ください。)

ダウン症児の小学校の選び方。選択肢は普通学級と支援学級と支援学校の3つ

 

また、クリスマスパーティも開催され

ここでは乳幼児だけでなく、

親の会に参加している

すべての年代が参加し、

 

ダウン症のお兄さんお姉さんたちとともに

パーティを楽しむことができますし、

お兄さんお姉さんたちによる

演奏会を楽しむことができます。

 

スポンサードリンク

 

まとめ

きょうはダウン症の親の会について書いてきました。

 

親の会に参加することで、

同年代の仲間もできますし、

先輩たちと話をすることもできます。

 

子育てに悩みはつきものです。

悩みは一人で抱えず、

仲間のいる親の会に参加してみてください。

 

親の会に関する情報は

「日本ダウン症協会」のHPにも

載っていますが、

普段通っている病院の先生に

聞いているのもよいと思います。

 

病院には他のダウン症児が来ていることがあり、

そこから先生方が情報を得ている可能性があるからです。

 

ぜひ一度、親の会への参加を検討してみてくださいね。

 

さいごに

当サイトでは、赤ちゃんが生まれたときから

抱える先天的な障がい「ダウン症」について取り扱っていますが、

「ダウン症」以外にも先天的な障がいは存在します。

 

そのなかに、妊娠前、妊娠中に少し気をつけるだけで

発生する確率を大幅に下げることが可能な障がいもあります。

 

詳細はこちら

 

妊娠を望まれている方、妊娠中の方はぜひご覧ください。



スポンサードリンク

関連記事

  1. 8d669b879a1bc14e17dd02e9889c7575_m
  2. IMG_0949
  3. 820c595a289354250562409b2ed0cc7b_m
  4. 9e0e5dfb26c5b858496ee22d5b61fe29_m

このサイトの管理人


おとパパです。
我が家には、8歳になるダウン症児がいます。
このサイトでは、ダウン症に関する情報を提供していきます。

管理人の詳しいプロフィールは こちら
スポンサードリンク

カテゴリー

アクセスカウンタ

  • 1419228総閲覧数:
  • 516今日の閲覧数:
  • 1938昨日の閲覧数:
  • 2015年5月30日カウント開始日: