ダウン症児が高い確率で抱える合併症一覧

この記事は2分で読めます

617900368ad5628a7790284e9a3ca221_m

こんにちは、おとパパです。

きょうは、ダウン症の合併症について書いていきます。

 

ダウン症児は健常児に比べ、

体になんらかの異常を持って、

生まれてくる可能性が高いです。

 

以前は、その異常が原因で幼くして亡くなる

ダウン症児が多くおられましたが、

いまは、医学が進歩し、早期に発見できれば、

多くの異常が治療できるようになりました

 

ダウン症児の大切な命を守るためにも、

合併症についての正しい知識を身につけておきましょう。

 

これから、高い確率でダウン症児が抱える合併症について

紹介していきます。

 

スポンサードリンク

 

内臓の合併症

まずは、内臓の合併症について書いていきます。

 

acbd1f74aae3532b96ec79667dbc9bde_m

1.心臓疾患

 

ダウン症児に圧倒的に多い合併症が、この心臓疾患です。

 

健常児が心臓に異常を持って生まれてくる確率は約1%ですが、

ダウン症児は、その40%〜50%が生まれつき

心臓になんらかの異常を持っています。

 

早期発見し、手術を受ける事で完治する場合が増えています。

そのため、早期発見することが非常に大切です。

 

2.消化器系疾患

 

心臓疾患の次に多い合併症が消化器系の疾患です。

 

ダウン症児のうちの3〜8%が消化器に

なんらかの異常を持っています。

 

十二指腸が閉じている十二指腸閉塞。

校門が開いていない鎖肛などがあります。

 

消化器系疾患も早期発見、手術を受ける事で

治療できる場合が多くなっています。

 

3.呼吸器疾患

 

ダウン症児は、呼吸器が弱く、

風邪から、気管支炎や肺炎などの

呼吸器疾患に移行することがあります。

 

風邪の症状がみられたら、

早めにお医者さんに診てもらうことが大事です。

 

眼や耳の合併症

次に、目や耳の合併症についてです。

 

196b42bf801822f8f42c8ea132430d22_m

1.眼疾患

 

ダウン症児の約60%が目に異常を持っています。

 

斜視や、眼振(黒目が上下または左右に震える症状)、

近視、遠視などの可能性があります。

 

早期発見し、矯正めがねや、手術により、

症状が緩和、完治します。

 

2.耳疾患

 

ダウン症児は難聴であることが多く、

また、浸出性中耳炎になりやすいと言われています。

 

浸出性中耳炎を放置したことにより

難聴になることもありますので、

浸出性中耳炎の早期発見、治療が重要です。

 

スポンサードリンク

 

まとめ

きょうは、ダウン症の代表的な合併症について解説してきました。

 

合併症は早期に発見できれば、

多くの場合、治療または緩和できます。

 

もし、お子さんが「ダウン症かも?」と思われたら、

こちら↓の記事を参考に、

 ダウン症の顔や手に現れる身体的特徴

ダウン症の特徴をお子さんに照らし合わし、

 

多くの特徴に当てはまれば、

合併症の早期発見、治療のために

すぐにダウン症の確定診断を受ける事をオススメします。

 

また、幼少期にダウン症児が

自ら異常を訴える事はありません。

 

したがって、両親がダウン症児の合併症について

しっかりと知識を身につけ、気付いてあげる事が重要です

 

我が家の長女も、風邪をひいたときには、

早期に耳鼻科に診てもらい、

浸出性中耳炎になっていないかを確認してもらっています。

 

浸出性中耳炎には何度もかかっていますが、

早期発見、治療のおかげで、

難聴には至らずにすんでいますよ。

 

ダウン症児の合併症は

「早期発見、早期治療」が非常に重要です。

 

このことを覚えておいてくださいね。

 

さいごに

当サイトでは、赤ちゃんが生まれたときから

抱える先天的な障がい「ダウン症」について取り扱っていますが、

「ダウン症」以外にも先天的な障がいは存在します。

 

そのなかに、妊娠前、妊娠中に少し気をつけるだけで

発生する確率を大幅に下げることが可能な障がいもあります。

 

詳細はこちら

 

妊娠を望まれている方、妊娠中の方はぜひご覧ください。



スポンサードリンク

関連記事

  1. P1020262
  2. 1c3175edea1dd185e66aee549859feb9_m
  3. d89fe9bab88fab3fbabfabb8646d097e_s
  4. 46d480518721e00569b615ee3971986d_s

このサイトの管理人


おとパパです。
我が家には、12歳になるダウン症児がいます。
このサイトでは、ダウン症に関する情報を提供していきます。

管理人の詳しいプロフィールは こちら
スポンサードリンク

カテゴリー

アクセスカウンタ

  • 2614955総閲覧数:
  • 100今日の閲覧数:
  • 164昨日の閲覧数:
  • 2015年5月30日カウント開始日: