ダウン症児の足の長さや指に出る特徴(写真あり)

この記事は2分で読めます

0c0a8fee9d5f848a4197c4064a155ea4_s

こんにちは、おとパパです。

きょうは、ダウン症児の足に出る特徴について書いていきます。

 

ダウン症児は、健常児にはあまり見られない

さまざまな身体的特徴を持って生まれてきます。

 

今回は、そのなかでも

「足」に着目して書いていきます。

 

スポンサードリンク

 

足に出る特徴

ダウン症児は足にいくつかの特徴を持って生まれてきます。

 

その特徴のうち代表的なものは下記の2つです。

 

  1. 足が短い
  2. 足の親指と人差し指の間が広い

 

まず、「足が短い」についてですが、

この特徴はおなかのなかにいるときから現れるようです。

 

長女の場合も、おなかにいるときに

すでに足が短いことはわかっていましたが、

 

このときには、長女がダウン症だと

これっぽっちも思っていなかったため、

「パパに似て短足なんやぁ(^^;;」

くらいにしか思っていませんでした。

 

しかし、いまから思えば、おなかにいるときに

すでにダウン症の特徴が現れていたんですね。

 

次に、「足の親指と人指し指の間が広い」

について、

FullSizeRender

写真は、長女の左足ですが、

親指と人指し指の間が離れているのがわかります。

 

健常児の場合は、親指と人指し指は接触しており、

その間から向こう側を見ることはできませんが、

 

ダウン症のこの特徴が現れている場合は、

親指と人指し指の間から向こう側が見えます。

 

 

「足が短い」という特徴は

健常児に比べ、極端に短いわけではないので、

お子様が生まれたあとに、

この特徴に気付くこと難しいですが、

 

「足の親指と人指し指の間が広い」という特徴は、

非常に分かりやすく現れますので、

 

もし、お子様がダウン症かもと思われた場合は、

ぜひ、この特徴に着目して足を見てあげてください。

 

スポンサードリンク

 

まとめ

きょうは、ダウン症児の

「足」に出る身体的特徴について書いてきました。

 

ご注意いただきたいのは、

これらの特徴があればダウン症。となるわけではなく、

あくまでダウン症児によく現れる特徴である、という点です。

 

もし、この特徴がお子様にあてはまるのであれば、

まず、こちら↓の記事にまとめています、

ダウン症児によく現れる特徴をご確認ください。

 ダウン症の顔や手に現れる身体的特徴

 

そして、もし、多くの項目であてはまるのであれば、

早期にダウン症かどうかの検査を受けさせてあげてください。

 

ダウン症児は、身体的特徴を持っているだけではなく、

生まれつきの合併症を持っていることがあります。

 ダウン症児が高い確率で抱える合併症一覧

 

しかし、合併症も早期に発見できれば、

治療できることが多いのも事実です。

 

合併症の早期発見、早期治療のためにも、

早期にダウン症の検査を受けさせてくださいね。

 

さいごに

当サイトでは、赤ちゃんが生まれたときから

抱える先天的な障がい「ダウン症」について取り扱っていますが、

「ダウン症」以外にも先天的な障がいは存在します。

 

そのなかに、妊娠前、妊娠中に少し気をつけるだけで

発生する確率を大幅に下げることが可能な障がいもあります。

 

詳細はこちら

 

妊娠を望まれている方、妊娠中の方はぜひご覧ください。



スポンサードリンク

関連記事

  1. f6132dd75ceda682c4164f5d0795af00_m
  2. 5e613ad85c4e4aa517f2c20dd0dfe783_m
  3. 75010c2ed7c16ba4bf9c4ce19c636cef_m
  4. f0eef6803e4d63ff25ffc27279257511_m

このサイトの管理人


おとパパです。
我が家には、8歳になるダウン症児がいます。
このサイトでは、ダウン症に関する情報を提供していきます。

管理人の詳しいプロフィールは こちら
スポンサードリンク

カテゴリー

アクセスカウンタ

  • 1639236総閲覧数:
  • 550今日の閲覧数:
  • 1547昨日の閲覧数:
  • 2015年5月30日カウント開始日: