ハイハイ中の赤ちゃん連れも安心できる沖縄のリゾートホテル

この記事は2分で読めます

7bf36804fdcd5550e92d8492e4379f74_m

こんにちは、おとパパです。

今日は、ダウン症の長女が2才のときに

初めて行った沖縄について書いていきます。

 

ダウン症児は成長が遅いため、

ダウン症の長女は2才のときに

まだ歩く事ができず、

移動手段はハイハイでした。

 

そんな長女が2才のときに沖縄に行くことにしました。

 

 

沖縄に行くからにはリゾートホテルに泊まりたい。

 

でも、リゾートホテルの多くが

洋室のベッドがあるタイプで

部屋のなかは靴をはいたまま過ごします。

 

ハイハイ中の長女を

靴をはいたまま生活する床で

自由にさせるのは忍びないし、

 

ベッド上で自由にさせるのは

ベッドから落ちるのではないかと

不安で目が離せません。

 

ハイハイ中の長女も

安心して泊まれるリゾートホテルはないかと

ネットで調べ、そして見つけました。

 

スポンサードリンク

 

僕たちの泊まったホテル

僕が見つけたのは、北谷町にある

 「ザ・ビーチタワー沖縄

です。

 

P1010995

 

このホテルの「ファミリースイート」は

和洋室タイプで、

ベッドのある洋室のスペースと

布団を敷くことができる和室のスペースがあります。

 

また、部屋の名前に「スイート」とついてはいますが、

いわゆるスイートルームではないので、

値段もそれほど高くありません。

(このホテルには83室ものファミリースイートがあります。)

 

このホテルなら、

長女を和室スペースで安心して

自由にさせることができますし、

 

目の前がすぐビーチなので、

リゾート感を満喫する事もできます。

 

ホテルの周辺

  1. 目の前がすぐビーチ(サンセットビーチ)

    ホテルを出てすぐ目の前にビーチがありますので、
    ホテルの部屋で水着に着替えて、
    そのまますぐにビーチに遊びに行くことができます。

    ただ、僕たちが行ったのはGWで
    少し肌寒かったので、
    長い時間、海で遊ぶことはできませんでした。

  2. すぐ前に温水プール施設

    海で遊ぶには、少し肌寒い季節でも
    このホテルなら大丈夫です。

    ホテルのすぐ前に、「ちゅらーゆ」という
    プールと温泉の両方が楽しめる施設があります。

    そこに、温水のプール
    (ヒーリングプールというらしい)
    もあったので、そこで長女と水遊びを楽しみました。

  3. 少し歩くとイオン

    また、ホテルから徒歩数分のところに
    イオンがあります。

    ホテルの近くに
    大型スーパーがあると安心できますよね。

    おむつや、離乳食が足りなくなっても
    すぐに買いにいくことができます。

 

スポンサードリンク

 

まとめ

きょうは長女と初めて行った

沖縄で泊まったホテルを紹介しました。

 

このホテルでは、

補助便座や、ベビーカーも借りる事ができ、

赤ちゃん連れにはおすすめです。

 

ぜひ、沖縄旅行のときには、

宿泊先の候補にしてみてください。

 

長女が5歳にときにいった沖縄も

部屋が裸足で過ごせるホテルにしました。

そのときのことはこちら↓で紹介していますので、ご覧ください。

 靴を脱いで裸足でくつろげる沖縄のリゾートホテル

 

さいごに

当サイトでは、赤ちゃんが生まれたときから

抱える先天的な障がい「ダウン症」について取り扱っていますが、

「ダウン症」以外にも先天的な障がいは存在します。

 

そのなかに、妊娠前、妊娠中に少し気をつけるだけで

発生する確率を大幅に下げることが可能な障がいもあります。

 

詳細はこちら

 

妊娠を望まれている方、妊娠中の方はぜひご覧ください。



スポンサードリンク

関連記事

  1. P1050211

このサイトの管理人


おとパパです。
我が家には、8歳になるダウン症児がいます。
このサイトでは、ダウン症に関する情報を提供していきます。

管理人の詳しいプロフィールは こちら
スポンサードリンク

カテゴリー

アクセスカウンタ

  • 1674828総閲覧数:
  • 750今日の閲覧数:
  • 1882昨日の閲覧数:
  • 2015年5月30日カウント開始日: