出生前診断でダウン症児を中絶することは悪いことなのか?

この記事は2分で読めます

52285decf2419cb6694eff14b6c08fce_s

こんにちは、おとパパです。

きょうは、ダウン症を検出する出生前診断について僕の思いを書いていこうと思います。

 

先日、ドラマ「コウノドリ」で出生前診断がテーマとして扱われており、

興味深く見ていました。

 

出生前診断でおなかのお子さんがダウン症だと

診断された親御さんの大半が中絶を選択するということに対し、

 

ダウン症の親の役だった方のセリフに

「なぜ、ダウン症の子たちだけが排除されるのか」

というものがありました。

 

プロフィールにも書いていますが、我が家にも

ダウン症の娘がいます。

 

ダウン症の子を持つ親としては、

出生前診断でダウン症と診断された子の大半が

中絶されてしまう現状は悲しいです。

 

でも、これは「ダウン症の子を持つ親」としての思いであり、

少し偏った思いのような気もします。

 

公平な立場で考えると、

やはり「ダウン症」はなくなるほうがよいと思います。

 

ただ、それはいまの中絶による「ダウン症を排除」ではなく、

「ダウン症を治療」という形でダウン症がなくなればよいと思っています。

 

ダウン症児を育てると、健常児を育てるとのは違う様々な苦労があります。

 

また、ダウン症の娘自身も健常児には簡単にできても、

自分にはできないということで悩むこともあると思います。

 

娘が我が家にやってきてくれたことはとてもうれしいですが、

娘が「(健常児ではなく)ダウン症でよかった」と思ったことはありません。

やはりダウン症の娘をなんとか健常児にしてあげたいと思いはあります。

 

 

医学の発達は

 ①検出方法の確立

 ②治療方法の確立

の順で進んでいきます。

 

ダウン症に関しては、やっと①が確立できたという段階で、

治療に関してはこれからというところだと思います。

 

先日、京都大学でダウン症を改善する物質を発見し、

「アルジャーノン」と命名したという発表がありました。

 

実用化まではまだまだ時間がかかるかもしれませんが、

治療方法の確立に少し光が見えたうれしいニュースでした。

 

 

さて、タイトルにある

「出生前診断でダウン症時を中絶することは悪いことなのか」

について。

 

いま、出生前診断でお腹の子がダウン症と診断された親御さんは

非常に大変な決断をしなければなりません。

 

 1. ダウン症児を出産し育てる

 2.ダウン症児を中絶する

 

「治療する」という選択ができれば、幸せなのですが、

いまはその選択肢がないため、つらい決断をしなければなりません。

 

どちらを選択したとしても、あとから

「あのときの決断は正しかったのか?」

と自問することになると思います。

 

そのときに後悔が少しでも小さくなるようにしてもらいたいなと思います。

 

世間では、「ダウン症児を育てることはとても大変!」と思われています。

 

娘が産まれて、ダウン症だと言われた時、

僕はダウン症に関する知識がなかったため、

「僕は一生娘に付きっきり介護の生活なのだろうか。。。」

と大きな不安を抱きました。

 

おそらく、みなさまも同じような想像をされると思います。

ただ、これはダウン症を育てたことのない人の想像でしかありません。

 

実際に、ダウン症児を育ててみて思うのは、

「大変な部分もあるが、世間で思われているほどではない」

というのが正直なところです。

 

出生前診断でおなかのお子様がダウン症と診断された方には、

できるだけ多くのダウン症に関する知識を身につけていただき、

 

実際ダウン症児を育てている方たちのブログから

どんな生活になるのかを知っていただき、

それから決断をしていただきたいと思います。

 

十分な情報、知識を身につけたうえで、

ご家族でしっかり話し合って決断をしてくださいね。

 

それが後悔を小さくする唯一の方法だと思います。

 

さいごに

当サイトでは、赤ちゃんが生まれたときから

抱える先天的な障がい「ダウン症」について取り扱っていますが、

「ダウン症」以外にも先天的な障がいは存在します。

 

そのなかに、妊娠前、妊娠中に少し気をつけるだけで

発生する確率を大幅に下げることが可能な障がいもあります。

 

詳細はこちら

 

妊娠を望まれている方、妊娠中の方はぜひご覧ください。



スポンサードリンク

このサイトの管理人


おとパパです。
我が家には、9歳になるダウン症児がいます。
このサイトでは、ダウン症に関する情報を提供していきます。

管理人の詳しいプロフィールは こちら
スポンサードリンク

カテゴリー

アクセスカウンタ

  • 2113953総閲覧数:
  • 53今日の閲覧数:
  • 1756昨日の閲覧数:
  • 2015年5月30日カウント開始日: