ダウン症児は流産しやすいのか、また早産が多いのか。

この記事は2分で読めます

2b62aa09c23f2c1f2ca926486d08e79c_s

こんにちは、おとパパです。

きょうは、ダウン症児が妊娠中に流産しやすいのか、

また、生まれるときは早産になりやすいのか、

について書いていきます。

 

プロフィールにも書いていますが、

我が家にはダウン症の長女がいます。

 

長女の妊娠中、妻が切迫流産で

しばらく入院をした経験があります。

 

また、出産時も予定日より

1ヶ月近く早く生まれてきました。

 

これらのできごとが

我が家特有のことなのか

気になったので調べてみました。

 

スポンサードリンク

 

ダウン症児は流産しやすいのか。

調べてみると、

やはり健常児に比べると

ダウン症児は流産しやすい

ようです。

 

ダウン症児を妊娠したときの流産率が

どのくらいかの統計データは

ありませんでしたが、

 

流産した子のうち60〜70%が

ダウン症を含む

なにかしらの染色体異常だった

との統計データがあります。

 

染色体異常を持って生まれてくる子が、

約0.6%と言われていますので、

染色体異常を持つ子がいかに

流産しやすいかがわかると思います。

 

「人間の設計図」とも言われる

染色体に異常があると、

生命力が弱くなり

流産につながる確率が高くなるようです。

 

ダウン症児は予定日より早く生まれてくることが多いのか。

こちらも調べてみると

ダウン症児は予定日より

早く生まれて来ることが多い

ようです。

 

予定日より少し早い37週目〜38週目で

生まれてくることが多いようです。

 

我が家の長女も

36週と5日で生まれてきました。

 

では、なぜダウン症児は

早く生まれて来ることが多いのでしょうか。

 

残念ながら、

ダウン症児が早く生まれる傾向にある原因は

まだ解明されていないようです。

 

スポンサードリンク

 

まとめ

きょうは、ダウン症児の

流産と早産について書いてきました。

 

ダウン症児は、

健常児に比べ流産の確率が高い

予定日よりも早く生まれる傾向がある

ということでした。

 

我が子も切迫流産の危機を

乗り越え生まれてきてくれました。

 

多くの仲間が流産してしまうなか

その危機を乗り越え、

長女が生まれてきたことに感謝し、

これからも楽しく前向きに

日々を過ごして行こうと思います。

 

さいごに

当サイトでは、赤ちゃんが生まれたときから

抱える先天的な障がい「ダウン症」について取り扱っていますが、

「ダウン症」以外にも先天的な障がいは存在します。

 

そのなかに、妊娠前、妊娠中に少し気をつけるだけで

発生する確率を大幅に下げることが可能な障がいもあります。

 

詳細はこちら

 

妊娠を望まれている方、妊娠中の方はぜひご覧ください。


関連記事

  1. d505add15a0408e226f7f6c66b23e2d9_m
  2. 733023eee7ef953d3ca24e055340ebc9_m
  3. f0eef6803e4d63ff25ffc27279257511_m
  4. P1020262

このサイトの管理人


おとパパです。
我が家には、7歳になるダウン症児がいます。
このサイトでは、ダウン症に関する情報を提供していきます。

管理人の詳しいプロフィールは こちら
スポンサードリンク

カテゴリー

アクセスカウンタ

  • 1209654総閲覧数:
  • 897今日の閲覧数:
  • 1908昨日の閲覧数:
  • 2015年5月30日カウント開始日: