2歳の子供も楽しめる関西の遊園地「モートピア」

この記事は2分で読めます

モートピア

 

こんにちは、おとパパです。

きょうは先日遊びにいった、

三重県の鈴鹿サーキット内にある遊園地

「モートピア」について書いていこうと思います。

 

我が家には6才のダウン症の長女と、

2才の健常の次女がいます。

 

大阪にある遊園地「ひらかたパーク」には、

よく遊びにいっていますが、

 

鈴鹿にあるモートピアは

2才児も乗れるアトラクションが

多いということで、

大阪からは少し遠いですが行ってきました。

 

スポンサードリンク

 

療育手帳による割引

モートピアも療育手帳があると

入園券、乗り放題パスポートが

割引料金で購入することができます

 

療育手帳による

料金の割引は以下のようになっています。

(2015年5月現在)

通常料金 療育手帳割引
入園+パスポート
(中学生以上)
4300円 3600円
入園+パスポート
(小学生)
3300円 2800円
入園+パスポート
(3歳以上の未就学児)
2100円 1800円

 

療育手帳による割引の多くは

本人のみ、または本人と付添1名までですが、

 

モートピアは5名までが割引対象になるのが

うれしいところです。

 

5名までなら、おじいちゃん、おばあちゃんが一緒でも

割引対象になりますね。

 

2歳児も乗れるアトラクション

モートピアには、

乗り放題パスポートで乗れる

アトラクションが全部で25個ありますが、

 

そのなかで2歳児の乗れるものが

15個もあります(付添は必要)。

 

鈴鹿サーキット内の遊園地だけあって、

ハンドルのついたアトラクションが多くあります。

 

2才の次女もハンドルをぐるぐる回しながら、

楽しんでました。

 

数あるアトラクションのなかでも、

子ども達は「でんでんむし」が

気にいったようでした。

 

「でんでんむし」は幼児向けのコースターで、

途中に小さなアップダウンがあります。

 

その小さな落差が子ども達には

ちょうどよかったみたいで、

次女は落差の度に声を出して喜んでました。

 

スポンサードリンク

 

まとめ

モートピアは、僕たちがよく行くひらかたパークに比べ、

2才児も乗れるアトラクションが多く、

2才児の次女にも満足度が高い遊園地でした。

 

また、2才児は入園料、乗物代ともに

無料なので財布にも優しいですね。

 

さいごに

当サイトでは、赤ちゃんが生まれたときから

抱える先天的な障がい「ダウン症」について取り扱っていますが、

「ダウン症」以外にも先天的な障がいは存在します。

 

そのなかに、妊娠前、妊娠中に少し気をつけるだけで

発生する確率を大幅に下げることが可能な障がいもあります。

 

詳細はこちら

 

妊娠を望まれている方、妊娠中の方はぜひご覧ください。



スポンサードリンク

関連記事

  1. P1090732
  2. IMG_1068

このサイトの管理人


おとパパです。
我が家には、8歳になるダウン症児がいます。
このサイトでは、ダウン症に関する情報を提供していきます。

管理人の詳しいプロフィールは こちら
スポンサードリンク

カテゴリー

アクセスカウンタ

  • 1419227総閲覧数:
  • 515今日の閲覧数:
  • 1938昨日の閲覧数:
  • 2015年5月30日カウント開始日: