ダウン症児が「てんかん」になる確率とその症状について

この記事は2分で読めます

94dd097eeddd2c51e9f1c96e9d15edbb_s

こんにちは、おとパパです。

きょうはダウン症児のてんかんについて書いていきます。

 

ダウン症児は生まれてきた時点で、

合併症を抱えていることがあります。

 

ダウン症児の合併症一覧についてはこちらをご覧ください。

ダウン症児が高い確率で抱える合併症一覧

 

その合併症の一つである、てんかんについてこの記事では書いていきます。

 

スポンサードリンク

 

確率や症状について

てんかんとは、脳の疾患であり、

脳の神経が過剰に反応することで発作が引き起こされます。

 

また、これまでのデータから、

ダウン症児が生まれつき「てんかん」になる可能性は

5%〜10%程度と言われています。

 

てんかんの代表的な症状に「発作」がありますが、

てんかんの種類によって、発作の出方も異なります。

 

けいれんをしているような大きな発作もあれば、

周りから見ていても気づかないような小さな発作もあります。

 

親御さんが気をつけてあげること

てんかんの症状が小さい発作程度の場合、

なかなか周りが気づくことが難しいかもしれません。

 

特に乳児期は、成長による動作の変化なのか、

発作による動きなのか判断がつかないこともあります。

 

しかし、てんかんに気づかずに放置しておくと、

成長の遅れの原因になる可能性があります。

 

てんかんの場合、脳波にも異常が見られるため、

脳波検査を受けることで、てんかんかそうでないかがわかります。

 

また、てんかんには、その症状である発作を抑制する薬もあります

てんかん

 

お子様の様子をよく見てあげて、

少しでも「おかしい」と感じたら、

すぐに主治医の先生に相談することをオススメします。

 

スポンサードリンク

 

まとめ

きょうは、ダウン症児の「てんかん」について書いてきました。

 

「てんかん」は気づかずに放置しておくと

成長の遅れの要因となることがあります。

 

お子様の動作に少しでも違和感を感じたら、

お子様のためにも、すぐに主治医の先生に相談してくださいね。

 

さいごに

当サイトでは、赤ちゃんが生まれたときから

抱える先天的な障がい「ダウン症」について取り扱っていますが、

「ダウン症」以外にも先天的な障がいは存在します。

 

そのなかに、妊娠前、妊娠中に少し気をつけるだけで

発生する確率を大幅に下げることが可能な障がいもあります。

 

詳細はこちら

 

妊娠を望まれている方、妊娠中の方はぜひご覧ください。



スポンサードリンク

関連記事

  1. 1c3175edea1dd185e66aee549859feb9_m
  2. P1020262
  3. 545ed1f61f2805359c01f7d736575c55_m
  4. ca3e299f2387fcf89592ca6f76db314c_s

このサイトの管理人


おとパパです。
我が家には、8歳になるダウン症児がいます。
このサイトでは、ダウン症に関する情報を提供していきます。

管理人の詳しいプロフィールは こちら
スポンサードリンク

カテゴリー

アクセスカウンタ

  • 1419227総閲覧数:
  • 515今日の閲覧数:
  • 1938昨日の閲覧数:
  • 2015年5月30日カウント開始日: